一般歯科・口腔外科

虫歯治療

神経をなるべく残すように

虫歯は、目で見てすぐにわかるくらい進行していると、既に歯の内側もかなりボロボロになっている可能性があります。そして、ある程度歯の中まで虫歯が進行すると、歯髄(歯の神経)を残すかどうかが問題になります。

歯髄を取った歯は弱くなってしまいその後の寿命が短くなることが知られていますので、当院ではできるだけ神経を残す治療を心掛けています。ただし、痛みが酷い場合や、すぐに抜いて入れ歯やブリッジといった次の治療をすることを望まれる場合などは、必ずしも神経を残すことが最良の選択肢になるとは限りません。

患者さんを気遣う麻酔を ―できるだけ痛くない麻酔―

麻酔をせずに患者さんに我慢を強いる歯科医院も少なくないようですが、私たちは必要に応じてきちんと麻酔を使うようにしています。治療が痛いと、歯科医院に行くのが嫌になってしまい、結果的にもっと歯を悪くしてしまうことに繋がるからです。
当院では、まず表面麻酔を歯茎に塗り、きちんと2~3分時間を置いて効いてきてから、麻酔の注射を打ちます。もちろん麻酔を打つ際も少しずつ液を注入するなど、長年の経験による工夫によってできるだけ痛くないようにしています。

なお、逆にできるだけ麻酔は使いたくないという患者さんもいらっしゃいますので、そういった方にはまず麻酔なしで治療を開始し、やはり痛みが気になるということでしたら途中から麻酔をするようにしています。麻酔に関するご要望がありましたら、お気軽に仰ってください。

根管治療

虫歯が進行して、歯を残すか抜くかのギリギリの差が出てくるのが、歯の根っこの治療「根管治療」です。
当院の院長は、大学で根管治療の専門的な研究と臨床を経験してきており、ご希望の患者さんにはできるだけ歯を残す治療を実施しています。いくらお金をかけてきれいな被せ物をしても、歯の根っこがきちんと治療されていなければ、中で虫歯が進行して再び痛みや腫れが出てくることになります。

口腔外科

口腔外科は歯科医療の中でも特に専門性の高い処置が必要とされますので、当院では口腔外科を專門とする歯科医師が、毎月第4土曜日の午前中に診療を行っています。

親知らずの抜歯

親知らずは抜歯すべき場合と、抜歯しなくても済む場合があり、さらに抜歯する必要がある症例の中でも比較的に簡単な処置で行えるものと大掛かりな治療となってしまうものがあります。

大切なのはその見極めをきちんとすることです。当院では、患者さんのお口の中の快適さや安全性を考慮した上で、最適な方法をご提示させていただきます。

顎関節症の治療 

口が開けづらい、開けると痛い、音がする…こういった症状がある方は、顎関節症になっている可能性が高いでしょう。従来はマウスピースを使った治療が主流でしたが、近年はマッサージによってお口の筋肉を弛緩させる治療も出てきています。

顎関節症の方は顎をコントロールする筋肉が緊張し、筋膜に炎症が起きていますので、当院ではリラックスしていただき、さらに過剰な緊張を取り除くためのマッサージをお教えしています。

042-339-6467